About Scott Perry / スコットペリーのプロフィール
  • スコット主催”Dreamtrain”無料メルマガ会員登録

  • スコットペリーについて / about Scott Perry

    Name : スコット・ペリー(Scott Perry)
               通称スコット先生(Scott Sensei)
               発音矯正トレーナー、言語学者
               エンターテイメント発音コンサルタント
    Born  : アメリカ合衆国ピッツバーグ生まれ
    スコット・ぺりーWikipediaページはこちら

    スコット・ペリーは約30年間の発音指導の実績で、日本で成功している主要な企業や人々、さまざまな業界のプロジェクトから最も必要とされているプライベートの発音矯正トレーナーです。
    彼の高い評価や信用は彼の生徒たちの英語が証明してくれます。

    なぜ彼が選ばれるのか

    スコット・ペリーの生徒たちはより高いレベルで正確な発音を実現しています。彼の生徒たちのほとんどは、トレーニングを開始してから20セッションほどで自信を持って話すための目標を達成することができています。
    (現在はスコット先生がさらに画期的なメソッドを開発したので、もっと少ないセッション数で同様の結果を得ることが可能です。 )

    スコット・ペリーの経歴

    スコットが最初に英語の指導にあたったのは1986年 UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)でのこと。そこで日本人交換留学生に英語を教えたのがきっかけでした。UCLAでは、言語学、演劇と監督、経済学を学び、卒業後、当時の文部省に英語教師として日本に招かれ、公立の中学校で英語を教えました。そのとき、英語スピーチコンテストに向けて2人の生徒を指導することになり、スコットの指導後、その2人はコンテストにて勝利し、全日本スピーチコンテストにまで出場。この成功により、スコットは優れた発音指導者として知られることになりました。

    現在まで約30年間に渡り、数々の国際企業での指導のほか、近年では、日本での一般向けのセミナーの他、ハリウッドや日本の芸能業界にて、俳優、シンガーなどに発音指導を行っている。作家活動、映画、音楽界において発音コンサルタント等も行っている。

    スコットペリーが指導してきた国際企業、教育機関の一例
    スコット・ペリーが指導してきた国際企業、教育機関の一例 ANA/JAL/トヨタ/三菱自動車/日立/スタンフォード大学/UCLA/Apple/スターダストプロモーション/Warner Brothers

    どのような人たちがスコット・ペリーのところへ来るのか

    彼のところに来る人たちは、とても高いモチベーションを持った日本語が母国語として育った純粋な日本人です。ほとんどの生徒は私のところに来るまで、英語の学校へ通ったり、さまざまな教材を購入したり、何年もかけて自分たちの英語の発音を伸ばすための可能性を模索してきました。彼らはパーフェクトな英語の発音が自分たちに必要だと分かっているからです。彼らはスコットに出会った後、口を揃えてスコット先生に早く出会っていたかったと言います。

    日本人でも外国育ちでバイリンガルの人々もいますが、スコットペリーは外国育ちではなく、日本語を母国語として育ってきた日本人が、バイリンガルになれることのみに焦点をあてます。一般的な英語の勉強を日本でしてきた人も本物のトレーニングにより、本物のバイリンガルになれるのです。

    スコットペリーの書籍・教材 / Products

    生徒の感想・コメント / Student's Comments

    Ayako (Accepted)
    みつけた!これが本当のプロの仕事というのね!

    クラスを始めて一ヵ月半、あれれ、、、ほんとだ聞こえ る、今まで聞き取れなかった音が聞こえてくる!Scott先生が指摘してくれたとうりに発音したらあのいえ なかった単語が言えるようになった!日本語にない音の違いがわかるようになった。じぶんの中ですごい英語革命が起こっている、、。毎回Lessonを受けるたび にどんどんエクサイトしてくる。 Scott先生は長い経験とすばらしい洞察力でどんどん日本語で的確に指摘してくる。しかも、Classはオンラインといういとも簡 単で便利で受けやす い。少しの時間でも無駄にできない私にとってはすばらしいベネフットでありがたい。いつも頭の片隅にあった、英語コンプレックスとさよ ならできるのも夢で はないかもしれない。そして、そんなこと考えずに気がついたら地元の人たちと会話に熱中している自分がすぐそこにいるような感じが近い うちにやってく る、。そんな確信に似た期待でわくわくさせられるのが、ここScott先生の発音矯正クラスです。出会えてよかった!先生ありがとう!

     

    Tsuyoshi (Accepted)

    自分は偶然にScott先生のことを耳にし、レッスン受講に至りました。始める前は、高い投資だという認識があり正直不安がありました。しかしながら、 レッスンを受けるにつれ、不安が期待へと完全に変わっています。Scott先生の素晴らしいところは、日本人の弱点を知り尽くした発音に関する圧倒的な知 識だけではなく、(それだけでも凄いのですが)受講者に合わせてカスタマイズができる点だと私は思います。英語をさらに上達したいと強く思っている皆様に は強くお勧めします。みなさんの学習生活がScott先生によってさらに加速しますように。

    スコットペリーからメッセージ / Message From Scott Perry

    The average Japanese adult that studies and lives abroad for 10 years or more has spent about 5 to 6 years trying to improve their pronunciation with little satisfaction reaching only level 7 or 6. Scott Sensei’s average student living in Japan will reach level 2 in less than 6 months.

    Being good at English has two meanings. People often confuse being good at English with knowing many words and speaking very quickly. They forget about pronunciation. Most Japanese people are able to achieve high scores on English test, and read and write it collage levels. Some are even English professors teaching English at the highest levels, but the pronunciation of all of these people is basically the same. It is not nearly as good as their reading wring and listening skills.

    Improving your English has no limits.. People improve English forever over time. Learning new words and expressions is an improvement in your English. Pronunciation has a limit. Once you reach the limit that is it. You cannot improve better than perfect. When you are able to say a word properly no one can say it better than you.

    Teacher fail to get successful results from student because they often approach it wrong from the beginning. Most of pronunciation is taught like math. Studying pictures, reading pronunciation books and memorizing symbols. I have not seen that lead to success in 20+ years. English pronunciation requires a physical change, not a mental change. English conversation is a mental change.. Pronunciation is changing your body to make new sounds.

    A student once said to me, “ We Japanese can do anything we attempt to do at the highest levels in the world. When we focus and concentrate we can achieve nearly any goal we attempt. The one thing we cannot do is correct or pronunciation. That is what you do. Japan really needs your method.”